令和4年度


日本の企業と日系農業者等とのビジネス交流


日系農業者等とのビジネス交流・中南米現地視察

■プログラム

内容 ①中南米アグリビジネス商談会(対面式)
日程:2022年10月25日(火)午後
場所:東京(農林水産省内会議室)
参加者:中南米展開に関心を有する日本企業数社、中南米日系農業関係者
※場合により、会議室での商談ではなく企業訪問(10月~11月の期間、半日程度)をご相談することがあります。




②中南米現地視察
日程案:2023年1月27日~2月6日(11日間)
内容:ブラジルを中心とした中南米の農業現場訪問・市場視察
参加企業:①に参加した日本企業2社程度の派遣を予定
 
対象国 中南米諸国(ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、メキシコなど)
応募方法 申込:http://www.nikkeiagri.jp/form/application2023-01/ ※応募多数の場合は選考となる可能性があります。
2022年9月30日(金)正午締切【終了】
備考 - 参加企業:①に参加した企業の中から、②中南米現地視察に参加する企業を選定いたします。
- 参加費:無料 
- 参加言語:日本語(通訳あり)
- 中南米ビジネス創出プラットフォームに登録

■商談会の過去の実績

 本事業ではこれまでに 130 名を超える中南米日系農業者が研修生として来日し、農業関連展示会、企業、農協、農業者を訪問し、日本の農業分野の先端技術や農産物加工の取り組みについて学びました。特に日本の農業資機材への関心は高く、関心を持った中南米日系農業者から問い合わせが来ることもあります。
 さらにこれまでに様々な日本企業を中南米に派遣し、市場視察や商談会を行ってきました。令和2~3年度はオンラインでの商談会を実施し、多くの日本企業が参加しました。農業大国である中南米の日系農業者との交流によって、中南米へのビジネス展開を検討されてはいかがでしょうか。

過去に交流に参加した企業の分野:
農業機械、中古農業機械輸出、果汁飲料、種苗、農業資材、土壌改良剤、食品加工、食品乾燥機械、鮮度保持包装資材、等

■令和3年度実施結果

農業・食産業関連日本企業 22社

分野

土壌改良剤、植物活性剤、中南米食品輸入卸、野菜種子、農業道具、食品乾燥機、籾殻くん炭製造装置、レトルト加工技術、ドローン、水分測定器、日本酒、家畜用酵素、鮮度保持包装資材、トラクター用GPSアプリ、穀物用選別機、野菜洗浄機、有機性廃棄物発酵処理機など

過去に取引に至った事例

・剪定鋏:使いやすいという評判から購入に発展
・農業機械:傾斜地で日本の小型農業機械が活躍
・土壌改良剤:農業生産の改善のために活用
・鮮度保持包装:新鮮な青果物の流通に貢献


日本での連携促進の取組

内容 中南米展開に関心を有する日本企業と訪日研修で来日した研修生とのビジネス交流機会を設ける。
備考 - 時期:10月~11月
- 訪日研修内での企業訪問や農業現場視察
- 商談会(中南米アグリビジネス商談会)の実施(10月下旬頃)
実施